subscribe

You can update this text in your control panel, under Theme Options. Nam massa. Ut tempor augue non sapien lobortis aliquam. Maecenas.

医療事務について

年齢を問わず女性に人気の医療事務の資格!
医療事務は、「医療保険事務」とも呼ばれ病院・診療所などの医療機関にとって重要な役割です。患者・医師・看護師との「パイプ役」と言われるほど重要なのです。

医療事務といっても、種類があります。
最初に「医療事務員」は、医師の事務作業の分担という意味で、薬価点数を計算したりレセプト(診療報酬明細書)を読み取りPC入力などを担当します。
次に「医療保険事務(メディカルクラーク)」は、レセプトを中心に作成する担当をします。
最後に「医療事務管理士」は、診療に来院する患者の受付・カルテ管理・会計などの業務を担当します。
その他にも、「診療情報管理士」「保険請求事務」「調剤報酬請求事務専門士」など30種類以上の職種・資格があります。

近年では求人案内のチラシや雑誌に、「未経験でもOK」「資格なしでもOK」と記載しておりますが、実際は実務経験を重視にしている企業がたくさんあります。資格がなくても、電話応対や接客の経験があれば、資格勉強をしながら働けますし資格を取得すれば、幅広く就職できるのは可能だと思います。未経験・資格なしの理由でも就職できない場合は、資格取得をしてから就職することをオススメします。 ⇒女性が持っていると役立つ資格についてはこちら

私の体験談に入りますが、学生時代の時にある病院で職務実習をさせて頂いたことがあります。その時に初めて、医療事務を経験しました。最初に医療機関や医療事務について簡潔に説明してもらい、カルテの見方・レセプトの見方などを教わりました。次に、実際に医師から渡されたカルテを読み取って、患者の病名をPC入力したりレセプトを作成したりなど様々な経験をしました。医療事務作業は簡単というイメージがありましたが、実際にやってみると難しい漢字がたくさんあったり、Excelを上手く使いこなせなかったりなど苦戦する事がありました。どの仕事も簡単そうとイメージを抱いても、実際に経験すると自分に合ったり合わなかったりがあります。様々な仕事を経験する上で、自分はどの仕事が合うかどうか冒険探しをする事も大切だと私は思います。