ケアマネージャー

資格を持っていれば長く続けられる仕事といえば、介護職の資格。

介護施設や病院などでは土曜日も日曜日も、もちろん祝日もありません。入所者の食事や排せつの世話、入院患者の世話や救急で運ばれてくる患者への対応。事務職は休みがとれても、看護師や介護士には休みがありません。また、休みの日には面会の人も多く訪れるので業務がスムーズに進まないこともあります。それでも仕事の手を休める人は誰一人いません。仕事が好きだとか嫌いだとか考える余裕などはありませんし、むしろ忙しく動き回る姿からは使命感を感じることがあります。

ただ一生懸命に仕事をしている姿には、患者や入所者が少しでも快適に過ごせるように、少しでも病気や怪我が良くなるように、との配慮が感じられます。憧れや思い付きでは出来ない仕事ですし、やり通せない仕事です。華やかなことはありませんし、感謝されることも少ない仕事ですがその分やりがいも大きい仕事です。若い人には辛いことしかないような仕事ですが、一度目指した仕事であれば数年間頑張って、さらにスキルアップになるような道を目指しても良いのではないかと思います。

介護士の場合ケアマネージャーへの道もあります。
大変な仕事はその分、大きな実りも与えてくれるものですから、自分自身の為にもしっかり仕事に専念して更に上へと進めていってくれればと思います。転職の時にもキャリアは良い条件になりますので、1年で諦めてしまわずに、やはり3年が目安のようですから何とか3年間を乗り切って、良い条件でキャリアアップや転職といった新しい道を切り開いていければよいのではないでしょうか。ある程度のキャリアがあれば、生活環境が変わっても、転職やアルバイト探しに困ることがありません。