宅建資格と合格率について

不動産業界では、賃貸・リハウス・売買と駅前に店舗を増やし、インターネットでも情報が溢れ、永年に渡り競争が激しい。
そこで必要なのが、宅建資格です。

宅建とは宅地建物取引主任者の略で国家資格です。宅建は宅地建物の取引を公正に行うために作られました。宅地建物の取引には宅建取得者を加えて、責任の所在を明らかにします。宅建の資格所持者の重要な業務は宅地建物の取引に際して、重要事項説明書の交付と説明をすることです。この重要事項説明書の説明義務を果たさず、相手に損害を与えた場合は損害賠償の責任が発生します。宅地建物取引主任者を名乗るためには宅建試験に合格して、2年以上の実務経験を経て、都道府県知事の資格登録を受けなければなりません。ただ、登録実務講習実施機関が行っている講習を修了すると、2年以上の実務経験を持つ人と同じ扱いとなります。資格の有効期限は5年で、5年ごとの法定講習と取引主任者証の更新を必要とします。宅建の資格はどの通信教育の講座を見ていても人気ランキングの上位にいます。

宅建試験を受けるための受験資格はありません。そして、試験は例年10月の第3週の日曜日に13時から15時までの2時間で行われます。試験の方法は50問の択一のマークシート形式です。宅建は合格基準が曖昧で、だいたい15%前後となっています。どの通信教育でも人気の資格ランキングの上位にいるからなのか、最近では毎年のように受験者数が20万人を越えています。そして毎年3万人前後の合格者が出ています。毎年3万人程度の合格者が出ていると聞くと、とても多いように感じます。宅建の試験は一度取ると生涯有効ですから、余裕がある人は取得して見ても良いでしょう。